マッサージ,クマ

血流を良くするマッサージとケア方法で目の輝きを取り戻す

マッサージ

目の下のクマやたるみなどに効果のあるマッサージ方法やケア方法について紹介します。

 

この方法は、ホットアイ後に行うともっとも効果的です。
ホットアイの詳しい方法はこちらの記事をご覧ください。

 

→あなたのクマはどのクマ?まずは原因や症状から知ろう

 

目を輝かせるマッサージを習得して血行を促進させる

マッサージ方法

ホットアイをした後、さらに目の血流を良くするために効果的なマッサージを紹介します。

 

  1. まず目頭をやさしく圧迫しながら血流を流すように目尻の方に向かって手を動かしていきます。

    ※このとき力を入れすぎると皮膚に負担がかかってしまうので注意してください

  2. 目の際に向けて油を絞り出すようにマッサージをしていきます
  3. 最後にまぶたをつまんで刺激を与え油の分泌をしっかりさせます

 

このマッサージによって血行を促進し、キラキラした明るい目元になれます。

 

ただ目の手術を過去にしたことのある方は、医師の方とよく相談してから行うようにしてください。

 

このマッサージは、目元が温まり油が溶けやすくなっているホットアイ後にすることをオススメします。

 

たるみ予防に効果的!年齢を感じさせない目元にするために

 

次に紹介したいのは、目をぎゅっとつむりそのあとにパっと目を開ける、単純だけどとても効果的なケア法です。
これをすることによって目元周りの筋肉が鍛えられ、まぶたの下垂やたるみを予防することができます。
さきほど紹介したマッサージの後に、1日1回を目安に行うと有効です。

 

注意点としては、目をつむる際にあまり力を入れすぎないようにすること。
目を開ける際はパッチリと開けるよう意識してください。

 

このケアを行っていくことで、まぶたを上げる筋肉(眼瞼挙筋)を鍛えることができ、目元周りの血流がよくなります。

 

たるみを防ぐことができれば、目の下のクマにも悩まされる心配がなくなります。

 

目元周りの筋肉は定期的に鍛えていくようにしましょう。

 

涙袋を鍛えてクマを目立ちにくくする

涙袋を鍛える

涙袋は一般的に目の下のすぐのところにあるプクっとふくらみのことを指します。
涙袋といっても、ここに涙がたまるわけではなく、涙が溜まってウルウルしているように見えることからこういった風に言われているようです。

 

涙袋があることでやわらかい印象の目元に見えたりもして、うらやましがる女性も多いと思います。

 

対してクマは涙袋のさらにその下にできるくすんだもので、疲れたような印象や重いような雰囲気に見せることがあります。

 

同じように目の周りにあるものでも、これだけ印象が変わります。

 

ただ涙袋を鍛えて目立つようにすれば、クマが自然と目立たないようになります。

 

そこでさきほど紹介した、目をぎゅっとつむりそのあとにパっと目を開ける目の体操を行いましょう。

 

この体操をしていけば、「眼輪筋」という涙袋を作る上で大切な筋肉が鍛えられます。