クマ,種類

クマの症状から原因や種類を知ろう

クマはどうしてできる?

クマってどうしてできるのでしょうか?
実はクマにも種類があって、それによって原因や症状も異なります。

 

そこで、まずは自分のクマがどのクマなのかを理解していきましょう。

 

3種類のクマから自分に当てはまるクマを見つける

 

クマができるのは皮膚の薄い目の周りだけです。
日本人は外国人に比べ脂肪が多いことから、クマができやすくなっています。

 

クマは基本的に3つの種類に分かれています。
人によっては複合している場合もありますが、まずはどのクマに一番近いのかを知ることから始めましょう。

 

1. 茶クマ
2. 黒クマ
3. 青クマ

 

茶クマ

 

茶クマは分かりやすく言うと“シミ”です。

 

紫外線によって出来るものや、皮膚を直接刺激(こすったり)したりすると、色素沈着を起こしやすく、それが茶クマとしてあらわれます。

 

黒ぐま

 

目元のシワやたるみなどが立体的に膨らむことで影になった部分を黒クマといいます。
年齢を重ねた人やまぶたの脂肪が多い人は、このタイプのクマになりやすいです。

 

また目を強くこすったり、泣いた後などに一時的に黒ぐまになる場合もあります。

 

青クマ

 

青クマは、血行不良によって引き起こされるもので、冷え症や運動不足などによって引き起こされやすいです。

 

 

自宅で簡単改善方法!お金のかからないホットアイでクマを撃退

ほっとアイマスク

クマを改善していくためにまず行ってほしいのが、「ホットアイ」です。
これは、家にある水に濡れたタオルを軽くしぼり電子レンジで温め、まぶたの上に2〜3分乗せて血行を促進させる手法です。

 

クマや充血、さらには疲労回復の効果も期待できます。
この方法であれば、とくにお金をかけることもなくすぐに行えるのでオススメです。

 

ただ、まぶたが腫れている状態や急な充血がある場合は、症状を悪化させてしまう危険性があるので行わないようにしてください。

 

またホットアイ後は一時的に目が充血することもありますが、この場合は血行が良くなった印であって、決して悪い症状ではありませんので安心してください。

 

普段からコツコツ繰り返し行うことで、血行が改善し症状も良くなっていくでしょう。
朝と晩、1日2回を目安に継続していくと良いです。
また市販のホットアイマスクも同様の効果が得られます。

 

さらにホットアイをしながら軽く15分ほど仮眠をとるのも、目の疲れを取ると同時に全身がリフレッシュされるのでオススメです。ポイントは短時間。あまり休みすぎるとだるくなってしまうので注意してください。

 

一度やったらやみつき?になる自宅で簡単ホットアイ、ぜひ試してみてください。